• アドウェイズ
  • ECナビ
  • インテリジェンス
  • MTI
  • エン・ジャパン
  • OPT
  • オープランズ
  • 価格com
  • GREE
  • サイバーエージェンツ
  • サイバーフィールズ
  • セプテーニ
  • ソフトバンク・テクノロジー
  • SoftBankC&S
  • ダブルクリック
  • DENA
  • DIP
  • ビジネルブレイクスルー
  • トランスコスモス
  • パソナテック
  • フォトクリエイト
  • baycurrent
  • Yahoo!
  • 楽天

大会規定

  1. 大会使用球は連盟公認球(A球)とし、試合毎に各チームが2球ずつ用意する。
  2. ベンチおよび試合開始時間は、両チーム協議の上決定。
  3. 試合は原則として7回とする。次の場合は例外とする。
    1. グラウンド確保時間15分前を超えて新しい回に入らない。
    2. 延長戦は球場の確保時間により両チーム協議の上決定し、決着がつかない場合は引き分けとする。
    3. 後攻のチームが7回裏の攻撃の全部、またはその一部を必要としない場合。
    4. プレイオフ決勝戦のみ特別ルールを別途設ける。
  4. 試合成立は最低4回とする(大会のスケジュール進捗により再試合あり)。
    天候、時間制限などにより規定回数の7回に満たず4回以上終了して試合成立の場合、最終回に×ゲームを採用し記録も有効となる
    ex. 5回表完了で降雨終了となった場合、先行が勝ちであれば記録は4回まで、後攻が勝ちの場合×ゲームが適用され記録は5回表分まで有効
  5. 一度決まった試合は必ずメンバーを揃えるものとする。不戦試合年2回でIT LEAGUEを除名とする。
    1. 不戦勝の場合は規定投球回数および打席数の対象試合数は減るものとする。
    2. 不戦勝は4-0とする。
    3. 試合成立はプレイボールの合図とし、ケガ等で試合途中に人数が9人未満になった場合は不戦試合(4-0)とし、 その時点までの個人成績は反映するものとする。
  6. 出場選手は性別、年齢、所属法人とも不問とし、試合開始15分後までに9人以上揃っていなければならない。 補充選手については、以下の通り制限を設ける。
    1. 補充選手がIT LEAGUEに所属していなければ8人まで補充でき、守備位置および打順についての制限は無し、 希望により個人記録も有効とする。
    2. 補充選手がIT LEAGUE所属の場合、対戦相手から補充してはならない。
    3. 補充選手がIT LEAGUE所属の場合、投手のみ不可、打順は最下順より配置し、 補充選手の記録は無効とする。
    4. プレイオフは、所属チームのリーグ戦に1試合以上の参加を必須とし、IT LEAGUEの他チームからの補充はNGとする。
    5. IT LEAGUE所属選手は複数チームへの登録を禁止、必ず主参加チームを決め本項に従うものとする。
  7. 打順については15番打者を上限とし、守備位置のない選手は全てDH扱いとする。 NG : 試合途中からの打順変更、10人で回して途中から9人(怪我などの場合は相手チームの了承を得る) OK:遅れてきた選手は、1度も回ってない打順に入れられる。打順が一巡してしまったら代打でしか使えない。 10人以上で回している場合、守備→DH→守備はOKとする。
  8. 先発投手の勝利の権利について、以下のとおり定める
    試合が規定回数の7回以上成立の場合は、4回連続を投げきっていなければならない
    試合が規定回数の7回に満たない場合は、終了回数の半分を連続で投げていなければならない。割り切れない場合は3分の1回を繰り上げる
    ex. 試合成立が4回の場合は、2回
    ex. 試合成立が5回の場合は、2回2/3
  9. 全試合に審判を採用し、ヒットやエラーなどの微妙な判定は審判に委ねるものとする。
  10. リーグ戦の順位は勝率により決定し、同点の場合は、消化試合数→得失点→直接対決の順で順位を決定するものとする。最低の試合消化数:18試合を条件とし、11月に限定し強制的にマッチメイクする権限を運営側がもつものとする。
  11. プレイオフのリーグ戦上位4チームにて開催し、第一試合は1位対4位、2位対3位の組み合わせとする。
  12. 表彰は優勝チーム、準優勝チーム、3位チームとする。
  13. 個人タイトルの打撃部門は首位打者・HR王(5本以上)・打点王・安打・出塁率・盗塁王・三振王・最多打席 投手部門は最多勝・最優秀防御率・奪三振・最多投球回数を各1名とする。
  14. その他、野球バカ賞および優勝チームからMVP、リーグ戦からMIPを選出。
  15. MVPは優勝チームの監督から、MIPは毎試合相手チームから選出し最も点の多い選手とする。
  16. 規定投球回数は30回以上とし、途中報告は試合数x2とする。 規定打席数は30打席以上とし、途中報告は試合数x1.5(切捨て)とする。
access:

スケジュール

Copyright © 2006-2014 ITLeague All Rights Reserved.

^